神経内科で軽減します

男性

神経内科が専門です

頭痛を患う人は、10代くらいの若い人から高齢者に至るまで、幅広い年代に分布します。頭痛を患うと、命の危険性があるために、手術を行わなければならない疾患も、なかには含まれます。そうした、命の危険性があるために手術を要する疾患を、病院では脳神経外科が治療を担当するのです。例えば、脳底動脈瘤が破裂すると、たちまち命の危険性があるので、手術を行うことが多くなります。こうした手術を要する頭痛があるいっぽうで、頭痛のほとんどは、手術を要さない疾患です。そのような、手術を要さない頭痛を起こす疾患は、病院では神経内科が担当することが多くなります。例えば、頭痛の原因疾患として、上位にランクする片頭痛は、神経内科が専門になるのです。こうしたことから、神経内科は病院で人気があります。

軽減に繋がります

先述の片頭痛は、脳の中の血管が収縮することによって、その周囲の神経を刺激することで発生します。そのため、血管の収縮に着目した治療を行うことが、根本的な痛みの解決に近付くのです。身体を動かす骨格筋は、体制神経が支配しているので、自分自身の意思でコントロール可能です。これに対して血管の収縮というのは、自律神経によって支配されています。そのため血管の収縮は、自分自身の意思でコントロールすることが出来ないのです。この自分自身の意思でコントロール出来ない、自律神経の働きを、治療してくれるのが神経内科です。もちろん病院の神経内科では、投薬による治療も行ってくれます。しかし、それ以外の日常生活の過ごし方も、自律神経の治療には大切です。そうした日常生活の過ごし方を、病院の神経内科で相談することも、片頭痛の軽減に繋がります。