病気と向き合う方法

女性

喉のあたりにある甲状腺は、病気になってしまうと体に様々な症状が現れます。甲状腺の病気はあまり知られていませんが、実は日本全国にも多くの患者がいるほど身近なものです。甲状腺の病気の中でもバセドウ病と呼ばれる甲状腺機能亢進症は患者数が多く、急な動悸や食欲の減退、または増加、冷え症の悪化などの症状が見られます。眼球がむき出しになってきたりする見た目の変化も大きくなってくるので、甲状腺の病気にかかると早い段階で気付くことは可能です。しっかりと治療をすることで病気を改善することが出来るので、自分に当てはまる症状がないかを確認すると良いでしょう。甲状腺の病気は専門の医療機関を受診することで診断、または治療を行なうことが出来ます。少しでも体調に不安があるなら医療機関で検査を受けると良いでしょう。

甲状腺の病気と言っても症状は様々で、ホルモンの減少や増加によって体調に変化が起こるようになります。正常な代謝が行なえなくなるので、体にかかる負担は大きくなり、しっかりとした治療を行なわなければ体調を崩してしまう原因にもなります。医師の指示のもとで治療を続けると、症状を改善して普段と変わらない生活を送ることも可能です。甲状腺の病気は遺伝によって発症することも多いのですが、母体の体調管理をしっかりすることで胎児に影響はありません。もし妊娠に不安があるなら医師に相談してみると良いでしょう。甲状腺の病気とうまく付き合っていくことが大切です。

安心できる医療環境

病院

平野区の病院には、初診の予約をインターネットで受け付けるという便利なサービスに対応しているところがあります。また、専門的な内科や、夜間診療を行っている歯科もあります。何科の病院がよいか迷ったときは、まず平野区の保健所に尋ねてみることをおすすめします。

頭の片一方が痛む時には

先生

頭の片側がずきずき痛む時は偏頭痛の疑いがあります。この時は病院で薬を処方してもらうようにしましょう。また、患部を冷やして横になると痛みが和らぎます。ストレスからの解放やアルコール摂取による血管拡張や、あるいは光などの刺激が原因ですので、こういった要因を避け、規則正しい生活をするようにしましょう。

神経内科で軽減します

男性

手術を要さない頭痛を起こす疾患は、病院では神経内科が担当することが多くなります。原因疾患として、上位にランクする片頭痛は、病院では神経内科が専門で人気があるのです。片頭痛は、日常生活の過ごし方を、病院の神経内科で相談すると軽減に繋がります。